地図
航空写真


音楽祭大劇場

Hofstallgasse 1
5020 Salzburg
+43662 8045-0
+43662 8045-555

ホーフシュタール通りの音楽祭大劇場は、建築家クレメンス・ホルツマイスターの設計に従って、1956年から1960年にかけて建造され、ザルツブルク音 楽祭の上演される舞台のなかでも最も印象にのこるものとして、かぞえられています。ザルツブルク音楽祭を訪れる上流階級は、毎年、ここで演目を楽しみにき た人々や、各国から集まったカメラマンに出会います。大きな演目の初日には、ホーフシュタール通りは、高級自家用車の列ができます。

建築の歴史
祝祭劇場の大ホール建設は、巨大な舞台を備えた音楽祭の会場の場所を獲得することから始まり、1956年にメンヒスベルク山を5万5千平方メートルきりひ らきました。クレメンス・ホルツマイスターは、1920年代に小劇場を建設し、その才能を発揮していました。音楽祭のために考えだされたこの建物は、もと もとの厩舎の正面玄関を、ほとんど変えることなく保つことになりました。そして、かつての厩舎は、休憩室に改造されました。床にある馬の頭飾りのモザイク は、このもともとの建物を想い起こさせます。大劇場は、外部の大きさが100メートルあり、世界でも大きい舞台に数え上げられます。1960年7月26日 リヒャルト・シュトラウスの「バラの騎士」をヘルベルト・フォン・カラヤンが演奏して、開幕しました。

芸術愛好者の会場
祝祭劇場大ホールの内部には、多くの芸術作品があります。例えば、ワンダー・ベルトニー作の大理石でできた彫像「劇場」と「音楽」があります。また、ロベ ルト・ロンゴの大きな十字架は、「間違った解決法をもった夢のまた夢」で、青は、「空にたいする力」赤は、「火のような祈り」黒は、「歌と許し」「公の場 での嘆き」を表しています。アントン・レーマンの陶芸は、アントン・フォン・ウエーバーに敬意を表したルードルフ・ホーフレーナーによる「12色のタイ ル」、ヴォルフ・フットナーとルードルフ・プラットナーによる壁画があります。

© 2017 - Tourismus Salzburg GmbH - Auerspergstraße 6 - 5020 Salzburg - Tel. +43662 88987-0