地図
航空写真


サウンド・オブ・ミュージックの撮影場所

世界中から集まった旅行客は、ザルツブルクを訪れた際に、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の撮影場所を訪れ る機会を利用します。この映画は、特に海外でその昔に熱狂的人気を集め、多くのファンがマリア (映画の主人公) の足跡をいつか自分の足で辿ってみたいと夢見ています。

 

この映画は、ドイツ語版の吹き替えでは『Meine Lieder, meine Träume (私の歌、私の夢)』というタイトルでドイツ国内で (たぶんオーストリアでも) 一時期公開されましたが、時として地元住人の無理解に直面しました。これは、単純に言えばサルツブルク市民の大部分がこの映画のことをまったく知らないと いう理由からです。
オーストリア以外でこの映画の評判を確かめてみようと思うなら、どこででも『エーデルワイス』の一節を口ずさんでみるだけで十分です。たちまち誰かがそれに合わせて歌い出し、間違いなく合唱になるはずです。
 

 

ここで、この映画が実際に撮影された場所とそのシーンをご紹介しましょう
 

ノンベルク尼僧院:
ジュリー・アンドリュース扮する「マリア」が歌った場所。

 

ミラベル庭園とミラベル宮殿:
マリアと子供たちが『ドレミの歌』を歌った場所

 

レジデンス広場とレジデンス 広場の噴水:
マリアはノンベルク尼僧院からトラップ家の屋敷に向かう途中にレジデンス広場をバスで横断し、『自信を持って』を歌っています

 

フェルゼンライトシューレ:
トラップ一家が別れの歌を歌い、トラップ男爵が『エーデルワイスの歌』を披露している場所

 

聖ペーター墓地:
ドラマティックな逃亡シーンが撮影された場所

 

レオポルズクローン城:
湖に面した正面玄関が映画の中でトラップ男爵邸として使われています

 

サウンド・オブ・ミュージックのあずまや:
現在はヘルブルン宮殿の庭園内にありますが、映画の中では、まだレオポルズクローン城に設置されていました。最も有名なシーンの 1 つ『もうすぐ 17 才』がここで撮影されました

 

フローンブルク宮殿:
中庭と表玄関が映画シーンに使われています


これ以外のシーンはザルツブルク以外で撮影されました。例えば、アニフ城、ホーエンヴェルフェン城、モント湖、フッシュル湖、ザンクト・ギルゲン、ザンクト・ヴォルフガングが挙げられます。

The Sound of Music locations in Salzburg (in english)
© 2017 - Tourismus Salzburg GmbH - Auerspergstraße 6 - 5020 Salzburg - Tel. +43662 88987-0