地図
航空写真


ザルツブルクで見る価値のあるもの

ザルツブルクを、小さくも紛れもない国際都市とするのは、いともたやすいことです。アルプスの北の端、魅惑的なバロックの町の城塞、大聖堂、そして教会の 塔などのシルエットはあまりにも美しく、それ故、ユネスコの世界遺産と指定されて久しいです。その名所はすっかり有名となり、世界中に知れ渡りました。

カリスマ性のある過去
ザルツブルク旧市街を散策すると、あちこちに名所が待っています。例えば、大司教の住居、グロッケンシュピールの鐘つき堂、大聖堂、フランチスカーナ教 会、モーツァルト広場、洗馬場、ホーフシュタール通り、城塞、聖ペーター寺院などです。町のあらゆる角々に遠く過ぎ去った時代の息吹を感じます。それぞれ の時代が、教会、塔、ファサード、手すり、聖歌隊席に、その足跡を残しています。そして道の名前も、歴史におこった出来事や、歴史に登場する人々を物語っ ています。

宮殿と庭園
この町の数多くの宮殿や近郊の地が、楽しい散策へとあなたを誘います。ミラベル宮殿の大理石の間では数多くの婚礼が執り行われ、その庭園はザルツブルクで も最も美しいカメラショットの場として知られています。町の南部にあるヘルブルン宮殿では、夏にはすばらしい噴水仕掛け、冬には魅力あるクリスマス市が 人々を惹きつけるでしょう。その他、ヴァルスのクレスハイム宮殿やレオポルズクローン宮殿、アイゲンの宮殿など、公園に隣接しており、緑の中にハイキング をするのもよいでしょう。

博物館と展覧会
近代美術館やルーペルティナム、モーツァルト生家、青年時代の家、ザルツブルク博物館、大聖堂博物館、バロック美術館、おもちゃ博物館、などが午後の実り の多い見学にお誘いするでしょう。貴重な歴史的展示物、近代美術の作品、そしてしばしば奇抜な展示物などが人々に感嘆や驚きをもたらします。

ザルツブルクの視点
徒歩で、馬車で、観光船で、自転車で、あるいはバスで、そして一人であれ、ガイドの案内付きであれ、あなたがザルツブルクを発見したいと、どんなに頻繁に思われても、この町はさまざまな視点からその秘密をよろこんであなたに明らかにします。
カプチーナベルクやメンヒスベルクからは川に沿ったこの町を眺めることが出来ます。町には見間違えることのない建築物、多彩なファサードやトタン板の屋根があり、ガイスベルク、ウンタースベルクが見えます。近郊への行き先は、町を周遊する時、探し出すことができます。

© 2017 - Tourismus Salzburg GmbH - Auerspergstraße 6 - 5020 Salzburg - Tel. +43662 88987-0