table of contents main menu go to contact information
JA language selection た検索 open navigation
© Uli Weber / Decca

ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭

2018年5月18日~21日

ザルツブルク音楽祭はヘルベルト・フォン・カラヤンにより創設され、1973年よりザルツブルクのイベントカレンダーの恒例行事となっています。

ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭の歴史

ヘルベルト・フォン・カラヤンは、復活祭音楽祭の潜在顧客のチケットの希望を満たすために、1973年に最初の聖霊降臨祭コンサートを始めました。

聖霊降臨祭の土曜、日曜、月曜にそれぞれ3回のオーケストラによるコンサートが、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリンフィルハーモニーにより1982年まで開催されていました。

カラヤンの死後、シカゴ交響楽団やロンドン交響楽団などの国際的なオーケストラの客演コンサートがプログラムに取り入れられました。1998年に、ザルツブルク音楽祭が引き継ぎ、ザルツブルクの聖霊降臨祭コンサートは、聖霊降臨祭音楽祭に改称されました。

2007年からリッカルド・ムーティが音楽祭の芸術監督を務め、2012年にイタリア人歌手のチェチーリア・バルトリが引き継ぎました。2012年より聖霊降臨祭音楽祭の主要作品は、夏の音楽祭でも上演されています。

ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭2017

タイトル「憂いの喜び」の下、聖霊降臨祭音楽祭の芸術監督であるチェチーリア・バルトリが、神秘とロマンのスコットランドに誘います。これにより、かつてカラヤンが創設したこの音楽祭が、ザルツブルクのイベントカレンダーの不動のハイライトとなっている理由をもう一度示しています。

イタリア人オペラ歌手のチェチーリア・バルトリが、聖霊降臨祭音楽祭のプログラムの責任を担うようになってから既に6度となります。聖霊降臨祭音楽祭は、クリストフ・ロイとチェチーリア・バルトリが男役で主役を演じる新演出のオペラ「アリオダンテ」で幕を開けます。その他のハイライトには、アンネ=ゾフィー・ムッターが出演する記念コンサートがあります。

ちょっと面白い情報:

旅行を計画しましょう

市内観光ツアーやザルツブルクおよび近郊のエクスカーションのオンライン予約:

ザルツブルクのハートは、数多くの多彩な文化イベントです。チケット予約はこちら:

ザルツブルク・カードは、数多くの名所の無料または割引料金での入場や公共交通機関の利用無料を実現しています。

close
Book your hotel room in Salzburg online – at the best possible price!